東京保活

保育園の落選を事前に防ぐためのブログ。

プロフィール

2015年12月に息子が誕生。
息子が誕生して二ヶ月後に、ぼちぼちと保活を開始し、情報を集める。
自宅周辺は激戦区ということがわかり、引越しを決意する。
引越し先を決める上で、都内いくつかの区の保育園事情の情報収集をし、区によって状況が全く違うことに気づく。
引越し後、認可保育園には落選したものの、無認可(認可外)保育園に息子を預けることができた。現在、認可保育園の「待機」中。

その間、「日本死ね」ブログが話題になり、同じ当事者として強く問題意識が芽生え、ブログを開設。
「区によって競争率が全然違うこと」「誕生月によっては入園が不利になること」「場合によっては引っ越すのが最善策だということ」等々、経験から得た気づきを発信している。
2016月12月に、保活をラクにするiPhoneアプリ『きっと』をリリース。
twitter@tokyo_hokatsuでも積極的に発信中。

東京保活管理人って誰?

東京保活管理人

東京保活管理人

2015年12月に息子が誕生。保活経験者。現在、認可保育園を「待機」しつつ、認可外保育園に息子を預けている。保活の大変さ・悲惨さを実感し、これ以上保活に苦しむ人を増やしたくない想いでブログを開設。保活をラクにするiPhoneアプリ『きっと』も公開中。本業はソフトウェアエンジニア。 [詳細]